M&Aアドバイザーについて

M&Aには様々な専門家の協力を必要とします。
有形・無形の資産を持ち、長い間事業を営んで来た会社は経営者ですら気づいていないリスクを潜在化させていることもあり、その客観的対価を算出することは容易ではありません。
特に、経営の根幹に関わる権利に対する取り決めや、容易に解消できない義務の存在などは事業の存続を危うくすることもあり、多くの場合それらの権利や義務を含めて事業を承継することになるため特に注意する必要があります。

また買収側だけでなく、売却側の立場で考えても重要な瑕疵に気が付かないまま成立させたM&Aは、後々大きなトラブルになる可能性を残すことになります。
土地や建物の取引でも重要事項が定められその説明が義務付けられているように、目に見えることが全てではない取引には慎重に臨む必要があり、専門家の助言が必須であると言えるでしょう。
ではM&Aのように、複雑な現実を飲み込み続けてきた会社組織を適正に監査し、またトラブルにならない取引としてまとめ上げるためには、どのような専門家に何を頼ればいいのでしょうか。

M&A Bankのアドバイザー紹介はこちら!

M&A Bankにご質問はありませんか?

さらに詳しく話を聞きたい、知りたいという方!まずは、お気軽にお声かけください。
みなさまのお問い合わせをお待ちしています。

  • カフェ1店舗のような、小額・小規模なM&Aでも相談歓迎
  • 税理士法人が運営しているから、難しい相談も安心
  • メールでいち早く案件情報を配信するからマッチングがスムーズ