よくある質問

従業員の引き継ぎもできるのでしょうか?
はい、可能です。
売手企業様が売却の条件として、従業員の引き継ぎの条件を入れることは一般的です。
実際、弊社で取り扱うM&A案件の中でも、従業員の引き継ぎをされたケースが多々あります。
企業が利益を上げるためには、従業員は必要不可欠な存在ですし、特に近年、求人倍率の高騰もあり継続雇用を望まれる買手企業様が多くなっています。
しかしながら一方で、買手企業様の立場では、従業員の雇用の保証という観点ではなく、M&Aという投資が買収額に見合うリターンが得られるかどうか、というシビアな視点もあります。
双方の要望が最大限実現できるよう、弊社アドバイザーがサポートさせていただきます。
小規模企業でも買収を実施したり、譲渡できる企業はあるのでしょうか?
当社で取り扱うM&A案件には、大企業、中小企業問わず、数多くの情報が寄せられます。
スピード感のある経営が強みの中小企業だからこそ、M&Aが中小企業にとって身近な方法だとさえ感じます。
また、中小企業の場合、買収先ニーズを分析すると「技術力、成長力を保有している中小企業」を探している企業が非常に多くなっているのが特徴です。
M&Aでは手法により金額の多寡はありますが、多くの資金が必要になります。
そこで、自己資金の少ない中小企業様のためにM&A Bankでは豊富なパートナー、ネットワークを利用し、直接・間接問わず資金調達で全面的にサポートいたします。
以下はM&A Bankが考える、M&Aが成功する譲渡先企業様の特徴を列挙いたしました。(あくまで一例です) 今後M&Aを検討する際の自社分析としてご利用下さい。
(1) 事業に将来性があり、それを実現する有形・無形のノウハウをもっている
(2) 安定的な利益を上げられる損益構造である
(3) 優秀な人材、強固な取引先ネットワークを有している
(4) 買収先とのシナジー効果(相乗効果)が見込まれる
M&Aの成功条件の一つとして「情報の秘密保持」が重要だとお聞きしました。
従業員や取引先、取引金融機関に知られないようにM&A交渉を水面下で行うにはどのように進めればよいのでしょうか?
「情報の秘密保持」はM&A交渉の中でも非常に重要な前提条件です。
売却を検討されている企業様の取引先や顧客様、従業員に情報が漏れると大変な問題になります。
そこでM&A Bankでは
(1)買収候補先と「秘密保持契約」を締結し、
(2)買収候補先の選定、担当者との調整を少人数で行います。
そして最終契約が締結されてから
(3)取引先・従業員・金融機関に情報開示をします。
以上の3ステップにより情報漏洩リスクを極めて低いものにいたします。
現在具体的に計画しているという段階ではなく、将来M&Aを検討してみたいと考えていますが、相談やアドバイスをしていただけるのでしょうか?
もちろんです。M&Aの多くは自社の事業計画に基づき中長期の視点で検討されます。しかしながら、中小企業様の多くは事業計画がなく、現状の事業をどう成長させるかに注力されています。
しかし、現在の経済情勢は刻一刻と変化しており、企業成長の鍵は「時間のマネジメント」です。
M&A Bankでは、お客様の現状をお聞きし、経済の動き、市場の動き、ニーズと企業様の進むべき方向を共に模索していきたいと考えております。
したがいまして、直接的なM&Aの検討だけではなく、経営に関わる様々な問題をお持ちの企業様の無料相談をおこなっておりますので、お気軽にご相談ください。

M&A Bankにご質問はありませんか?

さらに詳しく話を聞きたい、知りたいという方!まずは、お気軽にお声かけください。
みなさまのお問い合わせをお待ちしています。

  • カフェ1店舗のような、小額・小規模なM&Aでも相談歓迎
  • 税理士法人が運営しているから、難しい相談も安心
  • メールでいち早く案件情報を配信するからマッチングがスムーズ