ご相談の流れ

  • M&Aニーズの把握

    どのようなM&A案件に興味があるか、具体的に把握してリスト化します。

  • 初回面談

    売手のニーズをしっかり聞き取り、具体的な提案方針を模索します。

  • 秘密保持契約書の締結

    売手から資料の開示を受ける際に、必要に応じ秘密保持契約を結びます。

  • M&A検討方針の提案

    売手のニーズや財務状態に応じて、具体的な方針の提案を行います。

  • M&Aアドバイザリー契約

    方針や報酬体系に合意の上で、アドバイザリー契約を締結します。

  • ノンネームシートの作成

    企業名が特定できない範囲での概要書を作成します。

  • 企業概要書の作成

    企業名が特定できない範囲での概要書を作成します。

  • ノンネームシートによる照会

    ノンネームシートおよび簡易な質疑応答により、M&A検討の打診を行います。

  • ネームクリア

    買手側企業との交渉開始について、売手側企業に可否判断を仰ぎます。

  • 秘密保持契約の締結

    ネームクリア後に、秘密保持契約の締結を行います。

  • 財務ハイライト・譲渡スキームの開示

    不特定範囲での企業情報、想定している譲渡スキームの提示を行います。

  • M&Aアドバイザリー契約

    着手金を頂戴いたします。この時点での独占交渉権はありません。

  • 特定情報の開示

    企業名、決算書および申告書、従業員詳細などが開示されます。

  • 基本合意契約の締結

    買手側企業に対し、独占交渉権が与えられます。

  • デューデリジェンス(買収監査)の実施

    原則として、買手側企業が委託・費用負担し、行います。

  • 最終譲渡契約の締結

    監査の結果を譲渡契約に反映させ、最終の譲渡契約書を締結します。

  • クロージング

    最終譲渡契約に基づき、諸契約や、ヒト・モノ・カネの融合を行います。

M&A Bankにご質問はありませんか?

さらに詳しく話を聞きたい、知りたいという方!まずは、お気軽にお声かけください。
みなさまのお問い合わせをお待ちしています。

  • カフェ1店舗のような、小額・小規模なM&Aでも相談歓迎
  • 税理士法人が運営しているから、難しい相談も安心
  • メールでいち早く案件情報を配信するからマッチングがスムーズ