M&Aに必要なお金

経営不振に陥っていたシャープが台湾のホンハイ精密工業に買収され、傘下に入った2016年。その買収総額は約3900億円となり、大きなニュースとして世界中を駆け巡りました。
ホンハイはもともと下請けメーカーとして世界中から注文を請け成長した企業だったことから、シャープの持つ製品メーカーとしてのブランド力を自社に取り入れることを企図した買収だったと報じられています。

自社に無いもの、不足しているものを求めて企業や事業を買収するM&Aのよくある形ですが、M&Aといえばこのようにニュースになる巨額な取引を思い浮かべがちではないでしょうか。
そのため、自社の成長や事業の再編、あるいは売却の手段として考えることもなく、また巨額の費用がかかるイメージがあることから、身近なこととして捉えることも無いかもしれません。
では実際のところ、スモールM&Aを実施するためには本当に驚くほどの費用が必要になるのでしょうか。

M&A Bankにご質問はありませんか?

さらに詳しく話を聞きたい、知りたいという方!まずは、お気軽にお声かけください。
みなさまのお問い合わせをお待ちしています。

  • カフェ1店舗のような、小額・小規模なM&Aでも相談歓迎
  • 税理士法人が運営しているから、難しい相談も安心
  • メールでいち早く案件情報を配信するからマッチングがスムーズ