M&Aでの売買価格の決め方

M&Aを実施する際、売り手・買い手の双方にとって最大の関心事である「売買価額」。
どれほどデューデリジェンスを重ねても適正な価格を探ることは極めて困難で、良い買い物だったか、売却価額だったのかは、結果論でしかわからないことも多くあります。
事業承継で会社を売却し引退を考えている経営者にとっては、売却価額はその後の人生を決める大事な生活費であり自分が事業を営んできた最後の通知表でもあります。高い評価を得たいと思う気持ちは当然のことでしょう。
会社を買収し事業を引き継ごうという経営者にとっては、その会社が本当に投資額以上の回収ができる事業なのか、少なくとものれん代も稼げないような買い物になってしまえば大損になるだろうと、買収前は様々なことに思いを巡らします。
出来る限りリスクをとらずに買収したいと思う気持ちは当然のことでしょう。
では一体、M&Aを実施する際に会社や事業はどのように売買価額が決定されるものなのでしょうか。
本章では、M&Aの実際の現場を引用し、会社や事業の売買価額の決まり方について解説を進めて参ります。

M&A Bankにご質問はありませんか?

さらに詳しく話を聞きたい、知りたいという方!まずは、お気軽にお声かけください。
みなさまのお問い合わせをお待ちしています。

  • カフェ1店舗のような、小額・小規模なM&Aでも相談歓迎
  • 税理士法人が運営しているから、難しい相談も安心
  • メールでいち早く案件情報を配信するからマッチングがスムーズ