M&Aのスキーム

M&Aには多くの目的や得ようとする効果が考えられ、そして目的の数だけ採るべきスキームが存在します。
また、同じ目的や効果を得ようする場合でも、スキームが違えばステークホルダー(利害関係者)が持つ権利や義務も異なり、法律が要請する手続きも煩雑になることもあります。
外形上の着地点にほとんど差が無いにも関わらず、スキームが変われば課税額が大幅に変わってくる場合もあり、M&Aにおいてどのようなスキームを採用するかは売り手・買い手にとって慎重に決定されなければならない要素と言えるでしょう。

M&Aは一般的に会社を買い取ることや合併することなど、何らかの形で他社を100%の支配下に置くことを意味して使われることが多いですが、広義には事業提携や株式の一部取得などで影響力を行使しようとする場合も含んで使われることもあります。
広義の意味も含め、M&Aで考えられる様々なスキームと、そのスキームのメリットとデメリット、どのような目的や効果を得ることを想定する場合にどの方法を採用するべきか、ということについて、事例別に解説をして参ります。

M&A Bankにご質問はありませんか?

さらに詳しく話を聞きたい、知りたいという方!まずは、お気軽にお声かけください。
みなさまのお問い合わせをお待ちしています。

  • カフェ1店舗のような、小額・小規模なM&Aでも相談歓迎
  • 税理士法人が運営しているから、難しい相談も安心
  • メールでいち早く案件情報を配信するからマッチングがスムーズ