会社を売却したい方

「長年働いてきたのでそろそろハッピーリタイアメントしたい。」
「家族と過ごす時間を大事にしたいのでアーリーリタイアメントしたい。」
「子供はいるけど会社を継ぐ意思がなく後継者がいない。」

大事に育て上げてきた会社を譲渡し引退を考える時、その想いは様々かと思います。
そんな時あなたの胸中には、死に物狂いの創業期や、時には会社が潰れるかもしれない危機があったことなど様々な思い出が、少し誇らしい気持ちともに溢れてきているのではないでしょうか。
また同様に、事業の再編や縮小をお考えの経営者にとっては、とてもタフな考えどころであろうかと思います。
限られたスタッフの能力をもっと活かしてあげたい。
本業に集中するために一部の事業や店舗を売約したい。
キャッシュを生み出すために一部の事業を売却することを検討したい。
事業の売却や再編を考える際もまた、色々な事に思いを巡らせ行き着ついた一つの結論であろうかと思います。

人生の多くの時間をともにしてきた会社や事業の譲渡。
それは意外に難しいものではなく、年商数千万円の経営者にとっても十分可能な引退や事業再編の選択肢です。
しかしながら、これほど値段があるようで無いものはなく、そして想像もつかないほどリスクが潜在している取引はありません。
スモールM&Aを活用し事業の譲渡や引退を考える時、経営者はどのように情報を得てどのようにリスクを回避するべきなのか。
知っておくべき、そして備えておくべきことを5つのポイントに分けて解説します。

M&A Bankにご質問はありませんか?

さらに詳しく話を聞きたい、知りたいという方!まずは、お気軽にお声かけください。
みなさまのお問い合わせをお待ちしています。

  • カフェ1店舗のような、小額・小規模なM&Aでも相談歓迎
  • 税理士法人が運営しているから、難しい相談も安心
  • メールでいち早く案件情報を配信するからマッチングがスムーズ