M&Aの活用方法

現在、日本に存在する事業者の数は382万者と言われていますが、この数はここ数年減少を続けています。
2009年調査時には420万者あった事業者数が2012年調査時には385万者に、2014年調査時には382万者まで減少しました。わずか5年間で、実に10%もの事業者が廃業などを通じ事業を閉鎖したことになります。(※数字はいずれも、中小企業庁・中小企業白書より)

団塊の世代の引退や、後継者がいない中小事業者の廃業が増加しているためと予測されますが、経営の実績があり、社会に貢献し続けてきた会社であればM&Aへの取り組みは決してハードルの高いものではありません。長年積み上げてきた会社が持つ知識や経験、技術といった無形の資産は、時に次の世代を支える若い経営者の成長にとって、重要な糧となることがあります。
引退を考えた場合の事業承継の手段として、あるいは事業の成長を加速させるための有効な手段として数百万円~数千万円のスモールM&Aは近年右肩上がりで増加しています。

また、事業を再編し経営資源を集中させる取り組みとしてもスモールM&Aは有効な手段であり、経営者にとって知っておくべき選択肢の一つとなりつつあると言えるでしょう。
では、スモールM&Aは実際にどのような場面で、どのようにして有効に活用ができるのでしょうか。

M&A Bankにご質問はありませんか?

さらに詳しく話を聞きたい、知りたいという方!まずは、お気軽にお声かけください。
みなさまのお問い合わせをお待ちしています。

  • カフェ1店舗のような、小額・小規模なM&Aでも相談歓迎
  • 税理士法人が運営しているから、難しい相談も安心
  • メールでいち早く案件情報を配信するからマッチングがスムーズ